【注意】ファスティングダイエットでリバウンドしてしまう人の特徴

ファスティングダイエットでリバウンドしてしまう、これには明確な原因があります。
まずはファスティングダイエットに費やした期間です。
長ければ良いという訳ではなく、その人の適した期間を設定するのが大事です。
はじめから1週間ファスティングはストレスが溜まりますし、体調を崩してしまう可能性が高いです。
ストレスを溜めてしまうとファスティング終了後に食べ過ぎてしまったり、途中でファスティングをやめてしまう人も多い傾向にあります。

だからこそ、はじめのうちは1日間でも良いのでファスティングに慣れる時間を設けるのがオススメです。
焦って無理をしても良いことはないので焦りは禁物です。
間違った知識でやり始めると失敗する可能性が高くなるので、最初に正しい知識を集めることも大事です。
今はインターネットやSNSで簡単に情報が手に入りますが、中には間違っている情報もあるので注意が必要です。
おすすめはyoutubeなどで無料で情報を集めることです。
信頼できる投稿者を見つけたら、その人のアドバイスを元に実践してみると良いです。
もちろんTHCも活用してくださいね!笑

ここまでの説明でも分かるように、ファスティングダイエット終了後にすぐに暴飲暴食をしてしまうと意味がありません。
体の負担も大きくなりますし、絞りきったスポンジのようにあっという間にエネルギーを溜め込んでしまいます。
使われないエネルギーは脂肪として体に蓄えられていくので、暴飲暴食は絶対にNGです。
そこでファスティングダイエット終了後は体に優しい回復食を食べましょう。
終了後にカツ丼やハンバーガー、ラーメンのようなハイカロリーの食べものを食べてしまうと体は驚いてしまいます。
体を驚かさないようにするためには、消化しやすいおかゆ、野菜スープのような回復食を食べるのが基本です。
消化しやすい食べもので少し様子を見て、2日間くらい経過したらカツ丼やハンバーガー、ラーメンなど好きなものを食べるとリバウンドしにくいです。

それでもせっかくリセットした体内をいきなり化学調味料で汚染するよりは、少し気をつけた食事を心がけるのがオススメですよ!

分からないことなどはお気軽に公式LINEで質問してくださいね♪

友だち追加
最新情報をチェックしよう!
>アナタのカラダを内側からリセット

アナタのカラダを内側からリセット

毎日の食生活、生活リズム、ストレスなどでアナタのカラダは自分で思っているよりも疲れています。 何か症状が出始めてからでは遅いので、今のうちにデトックスを習慣化しましょう!公式LINEを追加するとファスティングマニュアルが手に入ります!

CTR IMG