【必見】ダイエットに効果的な酵素が多い食べ物と摂り方のコツ

健康に気をつかっていると酵素という言葉を見聞きすることが多いかと思います。

なんとなく、体にいいのかな、ダイエットに効果があるのかなという印象を持っているのではないでしょうか。

詳しく説明すると、酵素は、栄養素の吸収、消化を行う上で重要な役割を担うのに加え、新陳代謝の促進やホルモンの調節などにも関わっているといわれています。

もし、酵素がなかったら、私たちは食べたものを吸収、消化できなくなり、生きていけなくなるほど必要不可欠なものです。
とはいえ、酵素はもともと体内に存在しており、不足することがあります。

不足の原因となるのは加齢や、喫煙、ストレス、食生活の乱れであり、酵素不足に陥ると、消化不良、便秘、肥満、冷えやすくなる、疲れやすくなるなど、ダイエット以外にも普段の生活にも悪影響を与えます。

そのため、食事から効率よく取り入れることが必要です!

また、酵素はでんぷん(糖質)分解酵素、脂肪分解酵素、タンパク質分解酵素と呼ばれるものがあり、それぞれの栄養素に作用するものがあります。
そのため、それらをバランスよく摂取することが望ましいとされます。

では実際にどのようにすれば良いのでしょうか?

今回のコラムでは効率よく酵素を取り入れるコツについて紹介します!

酵素が多く含まれている食べ物

野菜、果物、魚といわれています。
これらを生の状態で食べること、すりおろすことで効率よく酵素を摂取することができます。

野菜の中では大根、きゅうり、にんじん、キャベツ、ブロッコリー、セロリなどに多く含まれています。
大根には、でんぷん分解酵素であるアミラーゼ、たんぱく質分解酵素であるプロテアーゼ、脂肪分解酵素であるリパーゼが含まれており、消化を助けてくれます。
そのため、大根おろしは、昔から「医者いらず」と言われているのです。

一方、果物の中ではキウイ、パイナップル、リンゴ、パパイヤ、柑橘類に多く含まれています。
例えば、パイナップルとお肉を一緒に調理するとお肉が柔らかくなるといわれていますがそれは、パイナップルのタンパク質分解酵素であるブロメラインによる影響です。体内では消化を助けてくれます。

また、魚に関しては、お刺身に大根おろしを付け合わせる食べ方や、酸味のあるソースとオリーブオイルで味付けされたカルパッチョ、レモン汁やお酢、オリーブオイル、ハーブなどで味付けされたマリネ、サラダに加えるなど工夫をすることでバリエーションを増やすことで飽きずに美味しく生魚を食べることができます。

なぜ生の状態で摂取することを勧めるか?それは、酵素は熱に弱く48℃以上の熱にさらされると、失活してしまうといわれているからです。

とはいえ、忙しい毎日の中で、生野菜や、生魚などを毎食用意するのは、難しいですよね。

そこでおすすめなのが、酵素ジュースです。
酵素ジュースを上手に取り入れることで、無理なく、手軽に、ライフスタイルに合わせた食生活を送ることができます。

ただし、酵素は熱に弱いので、熱湯で割ったり、加熱をするのは避けましょう。

毎日の生活で補助的な役割として、取り入れることで効果が期待できます!

酵素が多い食べ物は他に、味噌、キムチ、納豆、塩こうじ、甘酒などの発酵食品があります。

これらの発酵食品は、発酵により、食品内の栄養素が分解されているので、消化吸収がしやすい状態なので、胃や腸を休める意味でもおすすめです。

加えて、麹菌や乳酸菌、納豆菌などの善玉菌の効果で、腸内環境が整い、便秘解消などが期待できます。

こちらも熱に弱いので、例えば納豆ご飯を食べる際は、少し冷ましたご飯で食べましょう。

今回紹介した食品を意識的に食事に取り入れ、より健康的かつ美しくなりましょう!

最新情報をチェックしよう!
>アナタのカラダを内側からリセット

アナタのカラダを内側からリセット

毎日の食生活、生活リズム、ストレスなどでアナタのカラダは自分で思っているよりも疲れています。 何か症状が出始めてからでは遅いので、今のうちにデトックスを習慣化しましょう!公式LINEを追加するとファスティングマニュアルが手に入ります!

CTR IMG